« 2006年8月 | トップページ | 2008年8月 »

昔作った3D CGをアップしてみる

いや、なんとなく。
作った順番は忘れたので適当に。ツールはShadeです。

Millenniumdragon_2
タイトル:Millenium龍

1999年末に作った作品。確か作るのに3ヶ月くらいかかった記憶が…。
普通、鱗なんかはバンプマップを使うんだろうけど、なぜか全部ポリゴンでできてたり。
しかも龍の顔は一枚の自由曲面から作っていて、未だにどうやって作ったかわからない(苦笑
ちなみに、廻りの縁飾りと「Millenium」「龍」の文字もポリゴンでできてます。
本当は尻尾まで作りたかったんだけど、当時のパソコンでは重過ぎてこれ以上は厳しかったのですよ。鱗のせいで…。

Sekitei
タイトル:石庭

まぁタイトルどおり。中央の石は実はものすごく簡単なつくりで、テクスチャとバンプマップでリアルさを出してます。
モデリングとしては瓦が一番大変だったカンジ。

Greentea
タイトル:お茶

当時、3DCGというとメタリックなテカテカしたものが多くて、それに反発してたこともあって、他からのテクスチャとか一切使わずShadeの標準機能だけでどこまでリアルっぽいものが作れるか、というのがテーマだったのです。
とにかく、屈折率、反射率、影のぼやけ方なんかにこだわって作った作品。

Kakigoori
タイトル:かき氷

肝心のかき氷がいまいちだったりするのですが…。
後ろのガラスが「お茶」を作ったときのノウハウが生かされています。さらに、後ろの家の中は畳なんだけど、畳の目まで作りこんでたり。意味なかったけど…。

Boy
タイトル:煎餅

なんだかよくわかりませんが、煎餅は結構リアルに作れました。
ただ、ビニールの袋がなかなか難しい代物でした。

こんな技術があるのでSecond Lifeで活用したいわけですが、未だにスカルプトの吐き出し方が判らないので生かせません。
どうしたものかと。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2008年8月 »